印鑑を作るタイミング

「社会人になったら印鑑は持ち歩くものだ。」と短大の先生に言われたことがあります。仕事をしていると、 何かと印鑑を使用することが多いのですが、主婦生活が長くなってくると、うっかり持ち歩いていないことも多々あります。 家にいれば、せいぜい宅急便や書留に印鑑を押すくらいです。一体人はどんなタイミングで印鑑を作るのでしょうか?やはり結婚する時でしょうか。 我々夫婦がそうでした。今はまだ借家住まいですが、結婚が決まった段階で実印と銀行印、認印を夫が作りました。 印鑑も良きもの悪しきものがあるのか、いろいろと高いものもありますが、そこそこのものでしたが、 何も災いなく過ごせているので、お財布と相談でもこの際よいのだというのが実感です。

転勤等で引越しをする中で、必ず印鑑登録なるものが必要になってきます。たぶん実際に使ったことはあるのかな? 車購入の時に押しているはずですね。後は家の購入とかでローンを組んだりするときに必要になってくるのでしょうか。 実印はあまり出番がありませんが、銀行印や認印はかなり使っていますので、やっぱり節目の時に一度は作っておくというのもよいかもしれませんね。 若い方にはすぐには必要ないものですから、これから一家を構えるという結婚のタイミングというのが一番ベストかもしれません。